既存防水を残したまま、防水工事が出来ます!!

近畿地方も梅雨が明けて、本格的な暑さになりましたね。

株式会社水間は、お客様宅にお伺いさせて頂く際には

マスクの着用、手の消毒、検温など引き続き徹底しております。

 

今回は、既存防水を残したまま施工する事の出来る

塩ビシート防水を簡単にご紹介致します。

 

塩ビシート防水の工法は、二種類

 機械固定工法(塩ビシートを部分的に密着させる)

 密着工法  (塩ビシートの全体を密着させる)

この二種類の工法を使っての施工事例です。

和歌山県 岩出市

アーキヤマデ 塩ビシート防水材 リベットルーフ

絶縁シートを張り付ける

(既存防水の干渉を抑えます)

 

塩ビ鋼板、IHディスクの取り付け

(土間は機械固定工法を用いるので、その準備です)

 

塩ビシートを張っていきます

(土間は先に取り付けた鋼板、IHディスクに専用の機械で部分的に密着させます)

(立ち上がりは専用のボンドを張る部分と塩ビシートの両方に塗って、塩ビシート全体を密着させます)

(この工事では、溝も密着工法で施工しております)

 

 

塩ビシートと塩ビシートが重なった部分は、

専用の溶着液、ライスターを用いて密着させます。

最後に、専用のシール材を充填し硬化したら完了です。

 

 

簡単な施工手順のご説明となりましたが、塩ビシート防水のご紹介とさせて頂きます。

 

弊社が防水工事をお考えのお客様に、塩ビシート防水をご提案させて頂く理由としまして

既存防水を撤去してからの工事の場合、撤去費廃棄処分費が掛かります。

既存防水を撤去して同じ防水をする場合よりも、費用が抑えられる場合が御座いますので

お客様にご提案させて頂いております。

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!   

 

 

 

 

 

 

 

 


一覧ページに戻る