ALC???

 

株式会社水間は、暑さに負けずに工事をさせて頂いております。

 

今回は、ALCについて簡単に説明させて頂きます。

 

ALCとはAutoclaved Ligtweight aerated Concreate』の略称で

頭文字を取ってALCとも呼ばれます。

 

『高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート』の一種です。

この原材料を固めて高圧の蒸気にかけ長時間養生し硬化した物が

建築物によく使用されている『ALCパネル』です。

 

お客様で中高層建物、マンションをお持ちの方には馴染みが

あると思います。主に外壁などに使用されているので

見て頂くとすぐに分かると思います

和歌山県 橋本市

 

何故、ALCが外壁工事に使用されている理由は、

 

軽量     発砲構造している。

 

耐火性  気泡が熱の伝達を抑える。

       炎や熱を受けても有毒ガスや煙が発生しない。

 

遮音性  気泡が音を吸収する為、高い遮音性がある。

 

調湿   多孔構造なので、湿度を調整する機能がある。

 

ALCには、このような機能があり様々な建築物に使われています。

 

良い点も多いのですが、弱点もあります。

 

水に弱い     調湿性がある為、水を含みやすく膨張すると

             ひび割れの原因になる。

 

繋ぎ目が多い   強度の問題でパネルの大きさが制限されるので

                 繋ぎ目が増え、老朽化すると雨漏りの原因になる。

 

ALCを外装材に使用している建築物の弱点を補う為には、老朽化に合わせた

 

 シーリング 外壁補修 外壁塗装 防水 等の

 

メンテナンスを定期的にお考え下さい!!

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!

 

 

 

 


一覧ページに戻る