ALC建築物の防水工事 その1

 

前回は、ALCについて簡単に説明させて頂きました。

 

今回は、外壁にALCを使用している建物の防水工事をご紹介致します。

 

ALC建築物の屋上、バルコニーの防水にはシート防水が主に施工されます。

塗膜防水だと建物の動きに対応出来無いからです。

なので、今回ご紹介する施工例は屋上が二ヶ所あり

劣化の少ない屋上は、既存シート防水 塗り替え工事

雨漏りしている屋上は、塩ビシート防水 機械固定工法を用いました。

ご紹介が長く成りますので、少しずつ投稿させて頂きます。

 

先ずは、既存シート防水 塗り替え工事の施工から

和歌山県 紀の川市

トップコート材 日本特殊塗料

施工前 現状

 

   

 

  

 高圧洗浄

長年溜まった汚れもキレイに落ちます。ホコリなどが付着していると

トップコートの接着が弱くなるので大事な工程です。

 

 

トップコート塗布(1回目)

防水層の保護材を均等に塗ります。

 

トップコート塗布(2回目)

さらに均等に塗り重ねます。こうすることでトップコートの持ちも良くなります。

 

施工完了

            ピカピカになりました!!

 

このように、劣化の少ないシート防水は高圧洗浄と塗り替えの工事になります。

(劣化の状況で、シート防水の部分補修、シート防水のジョイントシール、

 押さえ金物の端部シールを施工させて頂く場合も御座います。)

夏の時期で乾くのが早かった為、1日で施工完了です。

(冬の時期は、2〜3日かかる場合があります)

 

お客様がお持ちの建物で屋上に簡単に行く事が出来る場合は、適度な点検を!

建物の構造上、屋上に見に行けない場合

弊社では、ドローンを使った建物の調査も行っておりますので

点検のご相談もお気軽にどうぞお問い合わせ下さいませ!!

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!

 

次回は、雨漏りしている屋上の塩ビシート防水 

機械固定工法をご紹介致します。

 

 

 


一覧ページに戻る