雨漏りは外壁の敵!!

朝晩が肌寒く、季節の変化を感じる気候になりました。

 

台風前の駆け込み依頼も増え、

 

株式会社水間は日々駆け回っております。

 

今回は、防水工事前に外壁の補修もさせて頂きましたのでご紹介致します。

 

施工前の屋上、ベランダはこのような状態です。

和歌山県 紀の川市

エレホン化成工業 補修材 ポリマーセメント

高圧洗浄の後ですが、防水層がかなり剥がれていました。

 

既存防水は塗膜系がされていました。

 

防水層が無くなり下地に水が回っているせいで、ボロボロです。

 

お客様とご相談の上、塩ビシート防水 機械固定工法を施工します。

(後日、施工の様子などご紹介致します。)

 

ベランダも屋上と同様に悪い状態です。

 

クラックもかなり入っています。

 

ベランダは、お客様のご要望で塗膜防水を施工します。

 

このような劣化状態だと建物に雨水が侵入し、

 外壁を劣化させる原因になります。

特に軒が崩れてきていたので、塗装工事の前に外壁の補修工事を致しました。

 

鉄筋コンクリートの建物は、外壁の中に水が侵入すると鉄筋が錆びてしまいます。

 

鉄筋が錆びると膨張しコンクリートにクラックが入り、爆裂を起こします。

 

弊社では、ラストチェンジ(高性能な錆止め)使用しております。

 

補修材の接着強化する為、プライマーを塗布。

 

補修材で埋めていきます。

 

 

 

特に酷い所は、数回に分けての施工になりました。

 

防水層が悪くなる、

外壁が悪くなる、

建物の中も悪くなる。

 

適度な点検と、早めの塗り替えで建物の保ちも良くなり、改修工事費も節約!!

 

弊社はお客様の負担も少ない工事をしっかりと考え、提案させて

頂いておりますので、定期的な建物のメンテナンスをお勧め致します。

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!

 


一覧ページに戻る