雨漏り修繕工事、外壁塗装工事の前に。

 

朝晩が急に冷え

月下美人の見頃も

そろそろ終わりそうですね。

 

今回は、雨漏り調査で

外壁の劣化が原因の可能性

がある為、お客様のご予算に

添って部分的改修工事を

致しました。

 

 

お客様の建物は、外壁がALCパネルでした。年数もかなり経っている為、

 

表面の塗装が触ると手に粉が付いてくる(チョーキング)ほど、劣化していました。

      (ALCパネルに雨水が染み込み、雨漏りの原因になり易い状態です。)

 

雨漏れしている箇所の上部には、塗装の割れやALCパネルのひび割れが!!

 

サッシ廻りやALCパネルの目地のシーリング 材は大丈夫でした。

 

お客様のご予算と相談の上、雨漏りしている外壁の1面の工事させて頂きました。

 

 

まずは、塗装工事の前にサッシ廻りやALCパネルの目地、クラックなどの

シーリング 工事。既存のコーキングは劣化が少ないので既存の上に施行致しました。

 

(既存の上に施行する増し打ちと、既存を撤去して新しくシーリング する打ち替え

                 工事費もかなり変わってしまいますので、ご注意下さい。)

和歌山県 海南市

ダイフレックス シーリング材 ハイフレックス

 

           プライマー塗布

 

 

          シーリング 材充填

 

 

            ヘラ仕上げ

 

 

         シーリング 工事完了!!

 

外壁塗装工事の施行が終わりましたら、そちらもご紹介致します。

 

ALCパネルは水分が染み込み易いので、定期的な外壁の塗り替えを!!

               (ALCパネルについては、ALC???の投稿をご覧下さいませ)

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!

 

 

 

 


一覧ページに戻る