ベランダ、大丈夫ですか?

 

 

現場の近くで、紅葉狩り!!

 

日本でもコロナウイルスの第三波が、

弊社では、引き続き現場の職人さんに

マスクの着用、消毒、手洗いうがいの

徹底をして頂いております。

 

 

 

今回はベランダ防水の劣化放置すると、どうなってしまうのか?

実例をご紹介致します。

 

建売分譲住宅地の物件で、雨漏りが酷くなってきたとお客様からのご依頼でした。

大阪府 泉佐野市

 

少し既存の防水層を撤去した状況です。

木造住宅のベランダに薄い補強布と塗膜系防水。

防水層もかなり膜厚が薄く、衝撃的でした。

昔の建売住宅に良くある防水施工です。

引っ張ると簡単にめくることが出来ました。

 

 

ベランダの下地はケイカルボードが用いられていましたが、

雨水が染み込みふやけている状態です。

カビも発生し、かなり劣化していました。

 

 

現場の施工をお願いした職人さんは、ケイカルボードの下も気になり

めくって見ると下地のコンパネまでもが腐っている状態でした。

 

こうなってしまうと下地からやり直しに

 

工事費、工事期間共にお客様が思う以上に掛かってしまいます。

建物内も浸水が酷い為、ベランダ下の天井、壁の内装。

部分的な改修工事ですが、カビが発生しており室内の環境まで悪くなっています。

 

建物も放置するのではなく、定期的な点検と補修をすることで

快適な環境を保つ事が出来ます。

ご紹介した物件も防水層の劣化を早期に直していたら

このような状況には、ならなかったと思います。

 

この記事を読んで気になった方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!

 

 

 


一覧ページに戻る