防水層の相性。

いろいろな場所で

工事に伺わせて

頂いておりますが、

たまに綺麗な景色に

出逢います。

 

今回は屋上の改修工事の際に起こった事例をご紹介致します。

 

雨漏りをしている屋上で既存防水層を撤去している状況です。

 

和歌山県 橋本市 

FRP防水層を撤去し保護モルタルが露出しています。

屋上には、FRP防水が元々施工されておりFRP防水層の撤去から

ウレタン防水の施工の予定で作業を進めていました。

 

ところが。。。

 

 

FRPの防水層だけが浮いているのではなく

保護モルタルも浮いていたので撤去して見ると

その下にウレタン防水が、さらに浮いている状態でした。

 

結果。。。

 

 

大掛かりな撤去工事になってしまいました。

 

既存の防水層を捲って見ないと分からない事もありますが以前の改修工事が杜撰すぎます。

塗膜系ウレタン防水の上にFRP防水を施工する為に軽量モルタルで下地を作っています。

軽量モルタルとFRP防水は相性が悪く剥離し易いです。

ウレタン防水に軽量モルタルは密着しません。

防水層が密着せずに乗っているだけです、知識と経験が少ない施工だと思いました。

 

弊社は、ウレタン防水の剥離部も撤去。

新たにウレタン防水通気工法を用いて施工致しました。

 

年数の経った建物の雨漏り(改修工事が何度か施工されている)の原因には

こういった施工不備によるものも御座います。

弊社ではお客様に安心して頂けるように、保証期間も設けておりますので

施工後も何かあれば、精一杯対応致しておします。

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!

 

 

 

 


一覧ページに戻る