ベランダにひび割れありませんか?

 

急な冷え込みで

体調管理が

大切な時期ですが

気温も下がり、

夕暮れもキレイです!

 

 

 

 

今回は、FRP防水の補修工事をご紹介致します。

木造住宅にお住まいの方はベランダを一度見てください。

殆どのベランダにはFRP防水が施工されていると思います。

和歌山県 白浜町

日本特殊塗料 FRP防水材 タフシール

 

こんなひび割れが入ってきていませんか?

放って置くと、雨漏りの原因になってしまいます。

 

何故、丈夫なFRP防水ひび割れが入ってしまうのか

建物は風、振動、地盤などによって日々、少し動いています

木造住宅の下地も、湿度によって膨張、収縮を繰り返しています

ベランダの下地のボードも膨張、収縮を繰り返すので

年数が経つとボートのジョイントに隙間が出来たり、迫り上がる事で

FRP防水の強度を超える負荷が掛かり、ひび割れを生じます。

 

 

下地の動きに余裕を持たせる為

ジョイントをVカットして隙間を広げます。

 

  

 

エポキシ系のパテで溝を埋めて

補強クロスを貼ります。

 

 

部分的にFRP防水を施工します。

 

 

 

元のFRP防水と同じ厚みになるように、削ります。

 

 

 

トップコートを全体に塗布して、施工完了です。

 

部分的な補修ですが、あまり目立たないように仕上がりました!!!

 

 

ブログを読んで頂いて、ご自宅の防水が気になった方がおられましたら

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!

 


一覧ページに戻る