防水のメンテナンスを放置すると、

 

梅の花が咲き、

 

冬ももう少し

 

寒暖差にお気を付けて。

岩出市

 

今回は、加硫ゴムシート防水の撤去の様子をご紹介致します。

 

ALC板のお宅で、廻りベランダがとても大きく

側溝部が特に劣化していました。

 

 

既存加硫ゴムシートの内部には雨水が侵入し、簡単に剥がせる状態です

 

 

ドレン廻りは特に気をつけないといけない部分ですが

簡単に撤去出来るほどに。

 

 

長期間、放置していたのか

下地もボロボロになってしまうくらいに劣化していました。

 

 

面積の狭い部分は、劣化がマシな方でしたが

加硫ゴムシートの密着性がかなり弱くなっていました。

 

このような状態の防水では、建物の寿命が短くなる一方です。

内部の鉄筋が錆びると外壁の強度が弱くなり、地震や強風の揺れに

耐えれなく危険なことも起こる可能性が高くなります。

 

こちらのお客様は外部の全面的な改修工事となり、かなりの費用が掛かります。

足場設置、防水層撤去、下地補修、防水新設、外壁補修、建具交換、シーリング、塗装など

工事の期間も長く、改修工事をしても建物が完全に治る訳ではございません。

部分的な補修工事も長期に渡るかもしれないです。

 

お家を建てるのは決して安いものではないので、安全に長く住んで頂けるのが

一番いいと思います。

弊社では定期的な検査とメンテナンスで費用を抑えて、

お客様に満足して頂いております。

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!

 

 

 


一覧ページに戻る