ベランダの防水は…..

和歌山市

 

街中を歩きながらふと、どんな防水工事がしてあるんだろうと思います。

 

お客様の中にもお家を建てる時に必ず、

どの部分にどんな防水をするのか話し合われます。

 

新築の木造住宅では基礎工事、棟上げが終わり、次に大事な工程はなんでしょうか?

 

外壁、屋根などが思い浮かんでくると思います。

 

建設の途中とはいえ、中の骨組みはあまり濡れて欲しくないと思います。

 

優先的には、屋根の下地、外壁の断熱、ベランダ、庇になります。

(サッシやドアは養生などで対応できます)

 

防水工事って大事な工程ですよね。

 

では、木造住宅の防水は何がいいのか?

 

防水工事ってどんな種類があるのか、そもそも防水屋さん?

 

どんなことをしているのか割と認知度が低かったりします。

 

本題に戻ると、防水工事とは大きく分けると

 

塗膜防水 FRP防水 シート防水 アスファルト防水 があります。

 

どれも施行することはできます。(アスファルト防水は冷工法だったら)

 

でも木造住宅のベランダや庇にはFRP防水が殆ど用いられています。

 

塗膜防水では、下地の動きについていけずに防水層が切れてしまいます。

重たい物を乗せて置くのにもおすすめ出来ません。

 

シート防水では、動きには対応出来ますが引っ掻きに弱く切れやすい。

(塩ビシート防水密着工法は近年、木造住宅に施行することも増えて来ています)

 

アスファルト防水では、火を使わない工法でしたら、無理やり出来ない

こともないでですがおすすめ出来ません。

 

FRP防水が用いられるのは、硬くて強度が強く軽量防火性能も高い

ベランダにはエアコンの室外機や植木鉢なども置かれることが多いので

そう言った理由からもおすすめされています。

 

防水工事などで気になる点が御座いましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


一覧ページに戻る