防水工事は基本が大事。

 

和歌山市

すっかり景色も春ですね。新型ウイルス蔓延の収束を祈るばかりです。

 

今回は、お見積もりのご依頼の際に遭遇した防水施工を紹介致します。

 

M様のご依頼で建物の屋上バルコニーを見させて頂きました。

 

 

既存は加硫ゴムシート防水が施工されていました。

一見、普通の防水のように見えます。

 

よく見ると防水の納まりはこんな感じです。

ゴムシートジョイント部に両方から風や雨水があたります。

勾配も全く無視していることになります。

 

 

標準施工はこのようになります。

ブチルテープを挟んでいる部分が水下になるように

重ね貼り敷き詰めて行きます。

 

少しの差のように思われるとは思いますが、

防水の強度も変わり、メーカー様からの保証も無くなります。

施工された業者様も手を抜いた訳ではないと思いますが

最低限の知識と基本を大切にして頂きたいと思いました。

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

      ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!

 

 

 

 


一覧ページに戻る