大雨の後は、

 

和歌山市

梅雨時期は、まとまった雨が続き築年数の経った建物には心配ごとが増える時期です。

 

 

今回はブログを読んで頂いてるお客様に、

簡単にですが雨の後にチェックして頂くところをご紹介致します。

 

 

1.雨漏りの箇所

 雨漏りが起こったときは、まず雨水がどこから漏れてきているのかが重要です。

 

 

2.瓦などの屋根材が壊れたり、飛ばされたりしていないか

 屋根の素材が強風で壊れてしまったり、飛ばされてしまったりすると、

  そこから雨水が入ってきてしまいます。

 

 

3.雨どいが詰まっていないか

 台風による強風で飛んできた枯葉やゴミなどが雨どい内のパイプに詰まると、

 屋根から流れた雨水が排出できなくなってしまい、雨漏りの原因となります。

 

 

4.窓、サッシに隙間や劣化がないか

 窓枠やサッシのパッキンが劣化していたり、サッシ自体に隙間があったりすると、

  そこから雨水が入ってきます。

 

 

5.壁に亀裂などの劣化がないか

 外壁の塗装がはがれてしまったり、亀裂が入ったところから雨水が漏れたりします。

 特に、風向きの影響も有ります。

 

6.換気扇、換気口のコーキングやフードが劣化していないか

  換気扇や換気口は空気の入れ替えの為に設置されているものなので、

   外部から直接室内へとつながる構造となっています。

 外側には風雨を防ぐためのコーキングやフードが付けられていますが、

   それらが劣化したところが原因になります。

 また、台風のような強い風を伴う雨のときは、逆流が原因で雨漏りしているかもしれません。

 

7.何階の天井から雨漏りしているのか

 天井のどのあたりからか、何階の天井が雨漏りしているのかといったことでも

  雨漏り箇所の特定に繋がります。

 

このような点を気にして見て下さい。

 

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

      ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!

 

 

 


一覧ページに戻る