あなたのお家のベランダ防水もこれかも!?

 

知っていましたか??木造住宅の9割はこのFRP防水工法なんです!!
今回は、FRP防水についてお話したいと思います。

 

FRPは繊維強化プラスチック(Fiberglass又はFiber Reinforced Plastics)の略称で、

ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強されたプラスチックという意味です。
強度・耐水性・成型性が優れていることから

船舶・水槽・バスタブ・自動車・屋根材等に使用されています。

 

意外と身近なところで使われていますね♪

 

 

そしてFRP防水とは、

 

FRPの特性を生かし、防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性等

優れているという特長があります。

FRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、

この混合物をガラス繊維などの

補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。

出来上がった防水層は、継ぎ目のないシームレスな層となり、

優れた防水性能を発揮します。

そして硬化速度が速いので

何層も塗り重ねても1日で施工を完了させることが可能です。

ちょっとわかりづらいですよね・・・

 

つまりメリットデメリットを3つあげるとしたら

 

メリット

 

防水性が高い ・耐久性が高い ・工期が短い

 

デメリット

 

・広範囲での施工をするとひび割れしやすい ・施工費用が割高 ・紫外線に弱い

 

と言うわけです。

少しはご参考になられたでしょうか?

 

 

外壁の塗装やベランダ屋根の防水工事を御考えの方は、

    ぜひ株式会社水間へお気軽にご相談ください!!


一覧ページに戻る