防水工事

■防水工事で建物を雨から守ります

建物には必ずと言っていいほど防水工事が施されています。
特に、屋上やベランダ、バルコニーは雨を直接受けてしまう場所のため、適切な防水処置が必要です。

当社にお任せいただければ、水に負けない防水層を形成しするとともに、美しい仕上がりをお約束します。

また、シーリング工事もお任せください。
シーリング材にひび割れや剥がれが見受けられた際は、それ以上状況が悪化する前に当社までご連絡ください。

■防水工法をご紹介

○ウレタン防水

ウレタン防水は不定形材料であるウレタンを使い、複雑な形状でも簡単に施工できるため、万能型の防水工事と言われています。
ベランダや屋上など、場所を問わずウレタン塗料を下地に塗ることができ、そして継ぎ目のない美しい防水層を形成していきます。
材料を塗るだけなので、簡単・短工期で終わるのが大きな特徴です。
また、施工の際に熱が発生せず、撤去が必要になる廃材も出ないので周辺環境に優しい工法です。

○シート防水

シート防水は、合成ゴム・塩化ビニールでつくられた防水シートを、接着剤で下地に貼り付ける防水工事のこと。
施工性に優れているため、工期を短くできるというのもメリットがあります。
ゴムシートを用いた防水工事は、伸縮性・耐候性で高い性能を発揮。
塩ビシートを用いた防水工事は、上から被せることができる為、下地に施された既設の防水層に左右されず施工が可能。
また、シート同士を熱風で溶かして一体化できるため、手軽に美しい防水層をつくることが可能です。

○アスファルト防水

アスファルト防水は防水工法の中でもっとも歴史が長く、高い信頼性を持ちます。
アスファルトを含ませてコーティングしたシートを、複数枚重ねて防水層を形成するため、耐久年数が非常に長いという特徴があります。
また水密性に優れ、仕上がりの良い防水層をつくることもできます。

■シーリング工事で建物内への水の浸入を防ぎましょう

そもそもシーリングとは、外壁材の間のつなぎ目の隙間を埋めるゴム状の目地材のこと。
その他にも、サッシと外側の部分の隙間を塞ぐのにも使用されていたりと、隙間をしっかりと埋めることができる高い防水性と気密性を持ちます。
「窓の隙間から雨水が入ってくる」
「外壁の隙間がボロボロ」
などといった症状があれば、ますは当社までご連絡ください。

目地材は約5年を過ぎたあたりから除々に劣化が始まると言われており、万が一、建物内に水が浸入すると、次第に腐食が進んで耐震性が低下する可能性がありますので、定期的な補修が必要です。

いつまでも安心して暮らせるように、建物の補修は忘れずに行いましょう。

雨漏り補修は和歌山市の株式会社水間へ

【電話】 080-1444-2668
【営業時間】 9:00~18:00
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 和歌山市を中心に近畿一円

一覧ページに戻る